AX

歯磨きの強要とトラウマについて

歯磨きの強要とトラウマについて

歯磨きの強要とトラウマ

歯磨き粉ブリアンを使って歯磨きをする場合に歯ブラシを使って歯磨きをするという点では子供も大人も共通していることですが、子供のうちは自分で上手に磨くことができず、磨くことができても磨き残しがあるので大人がカバーすることも必要になります。

 

せっかく歯磨き粉ブリアンを使って歯磨きをしても歯ブラシがしっかり歯の汚れに対して浸透してないと意味がありませんが、中には歯磨きをする際に少しでも磨き残しがあった場合は激しく叱責してしつけの一環とする人もいます。

 

叱らないと間違っていることに気付くことができないので、叱ることそのものが問題というわけではありませんが、歯磨きをしている時に叱られることが多いとトラウマになって歯磨きをする時間が苦痛になってしまうことも考えられます。

 

一生付き合っていくことになる歯なので大切なのはとても分かりますが、子供のうちにそれを伝えてもあまりピンとくるものがないと思うので、強要して歯磨きをさせるのではなく楽しんで歯磨きをしてもらうように仕向けることも子供の歯磨きで失敗しないためのコツになります。

 

また、歯磨きブリアンが持つ虫歯菌を追いだす働きが非常に高いと言われていますが、味についても子供が歯磨きしやすいように調整されているので安心して使用することができます。

 

歯磨きの必要性については時間をかけて少しずつ知ってもらうようにするというのが子供の歯磨きをする上でのポイントになってくるということを意識しておきましょう。

 


 

関連ページ

子供の歯の特徴について
子供の歯の特徴についてご紹介いたします。子供の歯は、大人と違い乳歯が中心です。子供はやわらかいものが中心の食生活となりますので、大人のような頑丈な歯を必要としません。大人になるにつれ、硬いものを食べるようになるため、永久歯に変わっていきます。
子供の歯磨きはいつからはじめれば良いですか?
子供の歯磨きは何時からはじめればよいでしょうか?基本的に、最初の歯が生えてきた時から歯磨きのケアが必要となります。子供は口の中に歯ブラシが入るのを嫌がりますが、それでも、しっかりしたブラッシングが必要です。歯磨き粉ブリアンはいちご味ですので、子供の歯磨きがしやすいと思います。
子供の歯磨きを楽しくするために
子供の歯磨きを楽しくするためにはどうしたらよいのでしょうか?乳歯の生えはじめた子供だと、歯磨きをされるだけで、抵抗を感じてしまいます。そんなときには、動画などを活用するという方法もあります。またブリアン歯磨き粉のようないちご味のついた歯磨き粉などを積極的に使うのも良いと思います。
子供の歯磨きの頻度について
子供の歯磨きの頻度について書いていきます。子供の歯磨きについては、もちろん、朝、昼、晩の食事の後に歯磨きをするのが効果的です。また、子供のおやつは糖分が多く含まれているものも多いため、おやつの後の歯磨きもできれば行うとよいでしょう。
歯磨きの磨き残しについて
歯磨きの磨き残しについてご紹介いたします。歯磨きの磨き残しがあると、いくら優秀な歯磨き粉で歯磨きしても、虫歯を防ぐことはできません。定期的に歯医者さんで診てもらって、自分の歯磨きの癖を理解して、うまく歯磨きができるようにする事が虫歯予防をする上でとても重要となります。