AX

子供の歯磨きを楽しくするために

子供の歯磨きを楽しくするために

子供の歯磨き

 

歯磨き粉ブリアンは歯ブラシにつける歯磨き粉であり、ブラシでしっかり磨くことによってその効果も最大限に発揮することになるので、歯ブラシを使ってきちんと磨くことができるかどうかが虫歯予防を考える上で重要になってきます。

 

ある程度大きくなってきた子供であれば歯磨きをする理由が分かっているので歯磨きすることが嫌であっても抵抗されるようなことはあまりありませんが、乳歯が生えて間もないくらいの子供だと歯磨きされることに抵抗があるケースが多いので抵抗されて歯磨きが進まないことがあります。

 

せっかく歯磨きブリアンを買っても歯磨きができないことではしっかりした虫歯予防をすることはできませんが、子供のうちは神経質に歯磨きをさせることだけを考えるのではなく歯磨きそのものが楽しいと思ってもらえるように働きかけることも有効な方法になります。

 

最近はインターネットの動画サイトなどでも楽しく歯磨きをすることができる動画がアップロードされているので、これを活用して見ながら歯磨きを楽しむという方法もあり、動画に集中すると動作がストップするため、この間に歯磨きを一気にするという方法もあります。

 

ブリアンを使って歯磨きをする場合は歯をきれいにすることができるだけなく虫歯菌を追い出すことができるので高いメリットがあります。

 

また、トラブルにならないようにするためにもしっかりと歯を磨いてケアすることが対策としては重要になってきます。

 

 


 

関連ページ

子供の歯の特徴について
子供の歯の特徴についてご紹介いたします。子供の歯は、大人と違い乳歯が中心です。子供はやわらかいものが中心の食生活となりますので、大人のような頑丈な歯を必要としません。大人になるにつれ、硬いものを食べるようになるため、永久歯に変わっていきます。
子供の歯磨きはいつからはじめれば良いですか?
子供の歯磨きは何時からはじめればよいでしょうか?基本的に、最初の歯が生えてきた時から歯磨きのケアが必要となります。子供は口の中に歯ブラシが入るのを嫌がりますが、それでも、しっかりしたブラッシングが必要です。歯磨き粉ブリアンはいちご味ですので、子供の歯磨きがしやすいと思います。
歯磨きの強要とトラウマについて
歯磨きの強要とトラウマについてご紹介いたします。子供の頃は、うまく歯を自分で磨きませんので、親がカバーすることになるのですが、子供は歯磨き自体が習慣になっておらず、嫌がる子供も多いです。そんな時に親が歯磨きを強要したり、叱ったりすることがトラウマになってしまうこともあるようです。楽しんで歯磨きできるような工夫が必要です。
子供の歯磨きの頻度について
子供の歯磨きの頻度について書いていきます。子供の歯磨きについては、もちろん、朝、昼、晩の食事の後に歯磨きをするのが効果的です。また、子供のおやつは糖分が多く含まれているものも多いため、おやつの後の歯磨きもできれば行うとよいでしょう。
歯磨きの磨き残しについて
歯磨きの磨き残しについてご紹介いたします。歯磨きの磨き残しがあると、いくら優秀な歯磨き粉で歯磨きしても、虫歯を防ぐことはできません。定期的に歯医者さんで診てもらって、自分の歯磨きの癖を理解して、うまく歯磨きができるようにする事が虫歯予防をする上でとても重要となります。