AX

子供の歯の特徴について

子供の歯の特徴について

子供の歯の特徴

歯磨き粉のブリアンは子供の歯磨き粉の中でも特に人気がある商品の一つですが、子供の歯は大人と違って乳歯が中心になっているので、歯の性質なども異なっており、しっかりケアをしないと永久歯にも影響してくることになります。

 

子供のうちは乳歯が中心になっている歯ですが、これは食生活が関係して年齢によって生えてくる歯の特徴が異なっており、子供のころは軟らかいものを中心に食べているので大人の頑丈な歯を必要としてないわけです。

 

永久歯が生えてくることになると食生活も変わって硬いものを食べる機会も増えてくることから乳歯だけでは十分に対応することができなくなるので歯が生まれ変わることになります。

 

 

 

ブリアン歯磨き粉

乳歯から永久歯に生え変わるのであまり入念に歯磨きをしても意味がないのではと思う方もいるかもしれませんが、乳歯が生えている時の口内環境によって永久歯が虫歯になりやすいなどの要素が変わってくるので重要なポイントになってきます。

 

歯磨き粉ブリアンとブラッシングを組み合わせることで、子供を虫歯から守ることが期待できます。ランキングサイトなどでも歯磨きの中で上位になっています。

 

ただし、子供のうちは自分で上手に歯磨きをすることができないので大人がしっかり指導をして歯磨きをすることも大切です。

 

歯のトラブルにならないようにするためにも食事をした後は必ず歯磨きをする習慣をつけて歯のトラブルリスクを避けるようにしましょう。

 


 

関連ページ

子供の歯磨きはいつからはじめれば良いですか?
子供の歯磨きは何時からはじめればよいでしょうか?基本的に、最初の歯が生えてきた時から歯磨きのケアが必要となります。子供は口の中に歯ブラシが入るのを嫌がりますが、それでも、しっかりしたブラッシングが必要です。歯磨き粉ブリアンはいちご味ですので、子供の歯磨きがしやすいと思います。
子供の歯磨きを楽しくするために
子供の歯磨きを楽しくするためにはどうしたらよいのでしょうか?乳歯の生えはじめた子供だと、歯磨きをされるだけで、抵抗を感じてしまいます。そんなときには、動画などを活用するという方法もあります。またブリアン歯磨き粉のようないちご味のついた歯磨き粉などを積極的に使うのも良いと思います。
歯磨きの強要とトラウマについて
歯磨きの強要とトラウマについてご紹介いたします。子供の頃は、うまく歯を自分で磨きませんので、親がカバーすることになるのですが、子供は歯磨き自体が習慣になっておらず、嫌がる子供も多いです。そんな時に親が歯磨きを強要したり、叱ったりすることがトラウマになってしまうこともあるようです。楽しんで歯磨きできるような工夫が必要です。
子供の歯磨きの頻度について
子供の歯磨きの頻度について書いていきます。子供の歯磨きについては、もちろん、朝、昼、晩の食事の後に歯磨きをするのが効果的です。また、子供のおやつは糖分が多く含まれているものも多いため、おやつの後の歯磨きもできれば行うとよいでしょう。
歯磨きの磨き残しについて
歯磨きの磨き残しについてご紹介いたします。歯磨きの磨き残しがあると、いくら優秀な歯磨き粉で歯磨きしても、虫歯を防ぐことはできません。定期的に歯医者さんで診てもらって、自分の歯磨きの癖を理解して、うまく歯磨きができるようにする事が虫歯予防をする上でとても重要となります。